統合失調症の薬は、大きくふたつに分類されます。 ・従来型抗精神病(今も昔も偏見が少なくなく、その偏見に苦しむ人も多いものです)薬(定型抗精神病薬) ・新規抗精神病薬(非定型抗精神病薬) 従来型抗精神病薬は、定型抗精神病(今も昔も偏見が少なくなく、その偏見に苦しむ人も多いものです)薬ともいわれており、ドパミンだけを抑える働きがあります。 ドパミンを効果的に抑制できるため、統合失調症の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が改善できるでしょう。 しかし、その一方で、認知機能障害を起こす可能性があります。 また、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)機能障害、性機能障害、月経障害といった副作用のリスクもあるため、注意が必要です。 新規抗精神病薬は、非定型抗精神病薬とも呼ばれていて、ドパミンやセロトニンをはじめ、神経伝達物質へも作用します。 従来型抗精神病薬よりも即効性は低いそうはいっても、副作用のリスクが少ないという特徴があります。 また、症状に合わせて、これらの薬の他に、抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬、気分安定薬などが処方される可能性があるでしょう。 どういった薬が処方されてるのかは、その人の症状によって異なりますし、副作用の出方なども違ってきます。 何か副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が出た場合は、我慢せずに医師に相談するようにして、勝手に薬の内服を止めないことが重要なんですー